アヌビス

アヌビス

 

エジプト神話では、アヌビス(Anpu, GD: Ano-Oobist) は犬の頭をした神である。

古代エジプトでは、アヌビスは冥界のガイドと考えられていた。彼はふつうしゃがみ込んだ砂漠犬やジャッカルとして描かれている。彼は魂をアストラル領域(夢見の状態)を通して、アメンティー、つまり死者の地へと導くものとして知られている。面白いことに‘an’という接頭辞は、シュメール語でもエジプト語でも、「天の」ということを意味している。アヌビス(エジプト語のAnpu)とアヌ(シュメール語)はどちらもジャッカルまたは犬の象徴を持っており、それは犬星であるシリウスとの直接的な関係を示唆するものである」(「プリズム・オブ・リラ)より)。

アヌビス(エジプト語Anpuのギリシャ語転訛)は、ネフティスの息子だった。ある伝承では、父親はセト、別の伝承では父親はオシリスである。アヌビスはジャッカルやジャッカルの頭の人として描かれているが、初期はおそらく単にジャッカル神であった。ジャッカルは墓の周りをよく徘徊したので、死者と関連付けられるようになり、エジプト古王国によって、アヌビスは、亡くなったオシリスをミイラにし、彼が再び生きるよう保存を助け、ミイラを発明したものとして崇拝された。アヌビスはまた、ウサギの頭と共に、Wepuat("Opener of the Ways”道を開くもの)の形で崇拝され、死者の魂を審判の元に連れていき、真実の秤を監視し、死者を欺瞞や永遠の死から守った。

[Source: Shawn C. Knight, "Egyptian Mythology FAQ" ]

 

Exopaedia :: Anubis