アルデバラン

アルデバラン

 

アルデバラン(アルファ・タウリ)は、牡牛座のアルファ星である。私たちから約65.1光年離れている。未確認の情報ではあるが、茶色の矮星がついている可能性があり、その場合アルデバランは連星である。

 

コンタクティMartin Wiesengrünによると、アルデバラン系の二つの惑星からコンタクトがあった。その名前はアリアンArianとウルUruである。

 

アルデバラン人は一般的にヒューマノイドであると信じられ、主にリラ・白人型グループであるので、遺伝的にはリラ人やプレアデス人、シリウス人種族の一部と関係がある。これらの種族は頻繁に行き来があると言われている。

 

情報は連合のメンバーなのか、ドラコ帝国/オリオン帝国なのかで矛盾したものがある。

・一つの情報B.Frissellによると。アルデバラン人は連合メンバーの一員であると。

・別の情報 Branton, Matthew and cyberknightによると、アルデバラン人は他の第三グループであるとしている。

・オメガファイルでは、Brantonはプレアデス人/アルデバラン人から離脱して、ドラコ帝国に参加したグループもある。

 

ハンド・クロウによると、アルデバラン人のエネルギーはとても音楽的で、数学的で、ハーモニー的で、右脳よりである。

 

Exopaedia :: Aldebaran

 

 

アリアン

アリアンはアルデバランを回る惑星である。

アリアン人はヒューマノイドで、白人に見えるものもいれば、目が細く東洋系にみえるものもいる。男性は2~3メートルで、女性は2メートルである。彼らはすべて異なった髪の色をしている。茶色や赤や青い色もある。

アリアン人は4742年の寿命がある。

マーティンが会った時、彼らはヘルメットをつけ、銀色のようなジャンプスーツを着ていた。乗り物に乗っていたときに、別の種族にも会った。一つはウルという惑星で、Raulaを周回している第二の惑星である。彼らはヨーロッパ人のように見え、1.7メートルで、茶色肌であった。

Martin Wiesengrün (ペンネーム)のコンタクト体験は

1957年夏に旧制東ドイツ、バルテック海岸沖のRügen islandにあるGloweで起きた。彼はそのとき15才であった。彼は宇宙船に招かれ、3日間そこで過ごし、彼らが計画していた教育を受けた。船の中でいくつかの種族にあったが、すべてがアリアンではなかった。

彼らから聞いたことの一つは、彼らは地球に住んでいたことがあり、それは現在グリーンランドと呼ばれている場所である。6500万年前で、その時に小惑星の衝突があったと。彼らはアトランティスのことも話していた。

 

Exopaedia :: Arian