オリオン

オリオン

 

オリオン、狩人、は星座の名前であり、狩人のベルトである、三つに並ぶ星から簡単に場所を見つけることができる。(北半球では)三ツ星の上から、ミンタカ、アルニラム、アルニタクである(Solaraによると、それらの銀河名はEL、AN、RAである)。ベテルギウス赤色巨星)、リゲル、ベラトリックスもよく知られるオリオン座の星である。オリオン座での別の有名な現象は、オリオン大星雲で、そこで何千もの星が誕生している。

「オリオン座は古代から人類の興味をかきたてる形を持つ星座である。オリオンという言葉は、古代アッカド語『Uruアンナ(天の光)』という言葉に由来している。西洋文明ではこの星座をしばしば狩人と考えている。オリオン座の本来のエネルギーは、二極葛藤と関連付けられている。地球はこれらの二極化の最終統合を今試みようとしており、それゆえに、多くの人がオリオン座にかかわる、結びつきの強い感情を表に出す。」(リサ・ロイヤル&キース・プリースト「プリズム・オブ・リラ」より)。

「オリオンの光という言葉は、オリオン人が二極化の統合に成功したオリオン人の進化の点のことを言っている。オリオン集団意識(一体感と統合感から影響を与えている非物質的な側)とも考えられている(リサ・ロイヤル&キース・プリースト「プリズム・オブ・リラ」より)。

(注:このオリオン集合意識はおそらくEL意識と同じものである)

 

オリオン座のヒューマノイド種族の身体的特徴

75%の住人は人型(標準的な)ベガ人

14%は、人型でないベガ人(昆虫のような、または爬虫類のようで、レプタリアンやリジーと呼ばれている)

10%は、ダークな肌色のリラ人

1%は、白人型リラ人

 

ここで大切な特徴は、オリオン系で『聖職者』と呼ばれている人たちは、クリアなブルーの眼をしている。この色は自然な色ではなく、スピリチュアルな道を通ることで獲得したものである(オリオン聖職者参照のこと)。

 

オリオン大星雲はオリオン座の数百光年先にあり、物質の宇宙を超えた無限の領域への『ゲートウェイ』であると確認されている。天使的な力や至上の存在の住処であるというものもいる。

 

Exopaedia :: Orion