銀河戦争

銀河戦

 

およそ2200万年前、琴座において最初のヒューマノイド種族が近くの銀河の他の系の探索を始めてから、すぐに近くの惑星への移住や植民地化が始まった。彼らが他のヒューマノイド種族に出会うには、それほどの時間はかからなかった。その後、初めて非ヒューマノイド種族にも出会った。その後、勢力のテリトリーや範囲を巡っての争いが勃発した。琴座の中で最初の衝突はリラ人とベガ人のものであった。情勢がさらに悪化したのは、リラ人とベガ人がレプタリアン文明に出会ってからであった。なぜなら、レプタリアンはそこが彼らの領域であると主張したからである(そのエリアは現在琴座の環状星雲の辺りで、最初の酷い抗争が起きた場所である)。

戦争の派閥はイデオロギーを戦いにしていった時、二つの主なグループができた。一つは連合であり、もう一つは二つの帝国、ドラコニアン帝国とオリオン帝国のグループであった。その違いを戦う場所として、オリオン座全体が主な戦場となってしまった。それ故に、銀河戦争はしばしばオリオン戦争と呼ばれている。

オリオン戦争の項目参照のこと。

 

Exopaedia :: Galactic Wars