カペラ

カペラ

 

カペラ(αAurigae)は、雌ヤギとしてしられ、ぎょしゃ座のもっとも明るい星である。空で5番目に明るい星で、約40.7光年離れている。

 

歴史を通して、カペラは多くの文明で重要であった。

バビロニアで「パトロン星」であった。(カペラは最高神マルドゥクとして崇拝されていた。別サイト情報)

・アラビア人にとって、他の天空のプレイヤーのゲームを見守る星である。

・エジプトには、カペラに関わる神殿がある。

ギリシアでは、クレタ島のイディ山に隠れていた幼少時のゼウスに乳を与えて育てた山羊アマルテイアであるとされる。

 

カペラ系の住人は、ドラコニアン帝国のメンバー(カペラはドラコニアンの植民地)と信じられている。(情報: Alex Collier, Branton, Dulce 32; as well as Matthew)

 

ジョージ・アンドリューは、カペラからのレプタリアンは、地球に植民地を確立した最初の種族の一つであると言っている。

 

Exopaedia :: Capella