ゼータ・レティクル

ゼータ・レティクル

 

ゼータ・レティクルは、レティクル座のゼータ星の名前であり、地球の南半球に見られる。ゼータ・レティクルは、実際は二つの星からできており、いわゆる距離のある連星で、それぞれが惑星をもつくらい距離が離れている。ゼータ・レティクルは地球から37光年離れている。あ

この二つの星ゼータの住人、ゼータ人はアブダクションに関わっている。

2005年からインターネットにリークされた情報は、ゼータ・レティクル星のシステムの、ある惑星Serpoに関するもので、その住人の名前はEBENと言われる。

 

ゼータ

近年ではゼータ人という名前は、グレイと同じ意味で使われているが、それは正しくない。厳格にいうならば、ゼータ人はレティクル座の二つのゼータ星の太陽系に住む住人のことであるが、多くの太陽系の中でグレイを見つけることができる。ゼータ人はヒューマノイド型の地球圏外文明であり、多くのアブダクションに関わっている。彼らは多くのサブグループのある種族で、現在も地球人の主な遺伝子実験を行い、アブダクションを行っている、彼らの平均身長は、3.5から4フィートである。彼らは大きな頭蓋と大きな目を持っている。性別は不明である(リサ・ロイヤル&キース・プリースト「プリズム・オブ・リラ」より)

地球における彼らの目的により、二つのグループに分けられる。ほとんど大多数のゼータ人の目的は、現在多くの人が傷ついた体験にもかかわらず、良いものなのである。しかしながら、少数は植民地化や征服(オリオン人/ドラコ人の行動計画)である。このグループはベテルギウス・システムに植民地をもっていると言われており、オリオンやドラコ人のグレイと一緒に仕事をしている。

オリオンやドラコ人のグレイと異なり、ゼータ人はヒューマノイド種族である。実際彼らの先祖は現代の人間とそっくりで、琴座のApexという惑星に住んでいた。しかし、内戦で核兵器を使い、惑星がほぼ破壊され、過剰な放射能のために、生き残った者たちは、地下で何世代も暮らさなければいけなかった。そのために肌の色や目の大きさが変わった。放射能の増加による別の副作用は生殖レベルの低下で、そのためにクローンや人工的な技術を通して、子どもを作らざるを得なかった。アブダクションの理由の一つは、クローンを作るために、DNAストックの多様性を増やしているのである。

 

Exopaedia :: Zeta Reticuli