ゼティ

ゼティ

 

アリゾナ州ツーソンのRaphael Chacunがオリオン座の惑星ゼティの宇宙人とのコンタクトしたことにつてWendelle C. Stevensが調査している。

 

天文学的データ

オリオン座の惑星ゼティのケース。これはオリオン座ゼータ星のアルニタクかどうかは定かでない。

 

文明

Raphael Chacunは、シップの船長であるナーデルと主にコンタクトしていた。ナーデルは固体ではなく、沢山の流れる点でできていた。「この小さな点でできた男は、身長163センチで、楕円形の頭の形をしていて、涙の形のように上の方が狭くなっている。髪の毛はなく、耳もない。目は小さく寄り目がちで、長い鳩のくちばしのような形の鼻で、目の上から鼻が始まり、口のすぐ上で終わる。その口は、長方形の小さく空いてる、穴のようであった。頭は短い首の上にあり、胴体は人間のようだった。手は異なっていて、私達の手のように開かない。Raphael(ラルフ)は、指を見なかった。その点でできた男が手を掴んできた時、ただラルフの側に立ち、自分の手首をラルフの手首に近づけただけで、ラルフは逃げられなくなった。洋服についてはうまく言葉にすることができなかった。なぜなら、洋服もベージュとブラウンの無数の点の集まりで、詳細に分けられなかったからである。ナーデルは、ラルフを解放し消えた。奇妙な雲がすばやく飛んで行った。

ケース

Raphael Chacun (ラルフ)はアリゾナ州ツーソンに住んでいた。彼はゼティ惑星の住人から立て続けにコンタクトがあった。彼は、ゼティの宇宙船にも何度か乗った。タイムトラベルにも連れていってもらった。最終的に、彼らと共に行ってしまったと信じられている。

このケースはWendelle Stevensが調査し、彼が去る少し前にラルフに会っている。

その他

別のケースでアルニタク・システムからきた存在とコンタクトしているケースもある。そのケースの惑星は、Nep-4と言われている。

 

Exopaedia :: Zeti