白鳥座(シグナス)とデネブ

白鳥座(シグナス)

 

白鳥座(シグナス)は北半球にある星座の名前で、デネブがアルファ星である。それは、北十字星として知られている。

Wendelle Stevensによると、シグナス人はアンドロメダ高等評議会の管轄にあるグループの宇宙人種族であるが、ヒューマノイド種族とかなり違っている。言い伝えによると、彼らは大きくて突き出た目を持っており、とても大きなスペード型の口をして、髪の毛はなく、黒っぽく油でつるつるした肌、または濡れた肌のようにすらみえる。このアンドロメダ高等評議会は連合と繋がっている。

 

Exopaedia :: Cygnus

 

 

デネブ

 

デネブは白鳥座の最も明るい星であり、約53.4光年離れている。北十字星をつくる一番下の星である。

ラー文書(チャネリング情報)によると、デネブ・システムの住人は53000年前にしばしばレムリアを訪れていた。彼らは連合のメンバーである。

シグナス人と同じかどうかはっきりしていない。

(ラー文書からすると、ベガの子孫のヒューマノイドのようである)。

 

Alex Collier によると、デネブの住人はアンドロメダ人とくじら座タウ星人と仲が良い。

彼らは音響学の技術(acoustic technology)に詳しい。何人かは今でも地球に住んでいる。地上にいるイルカは、シリウス・システムの哺乳類とデネブ星システムの一つの異種交配である。

 

・デネブは天上で最もパワフルな無線(radio)の源である。

・デネブはエジプトでも重要な役割を果たした。ある研究者によると、ギザのピラミッドがオリオンベルトの三つ星を示しているように、デンドラのピラミッドはデネブを表している。デンドラにはハトホルの神殿があり、そこはデンドラ・ゾディアックが見つかった場所である。その獣帯のサインが表しているものは今日も使われている。

 

Exopaedia :: Deneb