ヒューマノイド銀河史

ヒューマノイド銀河史

 

人類はこの銀河で唯一の知性を持った種族ではないし、私たちは唯一のヒューマノイド(人間型)文明ではない。すぐ近くの銀河の近隣にも、いくつかのヒューマノイドの種族がいる。ほとんどが肉体を持っているが、そうでないものもいる。ほどんどの種族が地球を訪れたことがある。中にはまだ地球にいるものもいるし、地球をベースにしているものもいる。いくつかの宇宙人ヒューマノイド種族はまた地球と人類の歴史で重要な役割を果たした。実際、人類はこの地球由来ではない。私たちははるか昔、地球を訪れた人間のような種族の子孫なのである。それゆえに、種族として私たちの歴史や性質を理解しようとするとき、人類が存在するに至った何百万年前の時代に戻らなければいけない。

 

もっとも重要なヒューマノイド文明は、リラ、ベガ、シリウス、オリオン、プレアデス、アンドロメダにみられる。リラは、かつて何百万年前にヒューマノイド種族の生まれた所であった。ほとんどの種族はリラ/ベガのグループの子孫である。彼らは、一般的に地元の株とリラ/ベガDNAの異種交配である。

 

かなり簡潔にいうならば、銀河のこの部分で人類が広がったのは、何度かあった植民地化によるものである。

 

1.話は、リラから始まる。約2千2百万年前、最初のヒューマノイド文明の宇宙探索は始まった。それまでに誰も行ったことがない場所への探索だった。最初に植民地化したのはすでにヒューマノイド種族が住んでいたベガとApexだった。

リラ人の探索はその後シリウスへ移り、そしてオリオンへと向かった。一方ほかのものは、すでに地球に来ており、地球からプレアデスへと移動した。

 

2. ベガ由来のヒューマノイドたちも、そののち自分たちの宇宙探索を始めた。アルタイル、ケンタウルスシリウス、オリオンに定住先を作った。地球に来たものもいた。現在の環状星雲(the Ring Nebula)の辺りを探索した時に、トカゲのような種族が自分たちの領域であると主張した。銀河戦争が始まり、何百万年も続いた。ある部分ではまだ終わってない。

 

3. Apexでの核戦争は、表面にあったものをほとんど破壊してしまい、住民は何千年もの間、地下で暮らすことを余儀なくされた。放射能は彼らの生殖能力にもダメージを与え、種族として生き残るための方法として、クローンを使わざるを得なかった。Apex人はゼータ・レティクルからのグレーとなった。

4. アルクトゥルスへも移住したものがいたが、アルクトゥルスでは種族としてとても早く進化した。ほとんどのアルクトゥルス人は非物質の存在で、高次の存在である。

 

5. シリウスあたりの世界では、ヒューマノイドの移住者は他の種族と全然違うと感じていた。それゆえに、移住者の中には、オリオンへ移ることを選んだものもいた。のちに沢山のシリウス人が地球へも移住してきた。

 

6. 銀河戦争が繰り広げられた主な場所はオリオンであった。このために、オリオンにいた多くのヒューマノイド移住者が地球に逃げてきて、住み始めた。

 

7. かなり初期に植民地を作ったリラ人は地球に来ざるを得なかったものもいた。彼らの子孫は銀河戦争が地球の近くまできたことを怖れ、ほとんどがプレアデスに移住した。しかしながら、その後、彼らの子孫は地球からの親戚と再び落ち合おうと決めて、地球にきた。

 

Exopaedia :: Humanoid galactic history