プレアデス

プレアデス

 

プレアデス・グループは、牡牛座にある散開星団で、地球から400~500光年離れている。星団の中には、250~500の星があるにもかかわらず、9つしか名前がついていない。ほとんどの古代文明はこの7つの星について述べている。中国では、働き者の七人娘(昴)と呼ばれており、ギリシャではアトラスの七人の娘と呼んでいる。どの星系よりも、プレアデスは古代でも現代でも注目を浴びている(リサ・ロイヤル&キース・プリースト「プリズム・オブ・リラ」より)。

主な星の名前は、アルキオネ(アルシオン)、ケラエノ、エレクトラ、アトラス、メローペ、アステローペⅠ&Ⅱ、タイゲタ、マイア、プレイオネ

マヤ文明によると、私たちの太陽系はプレアデスの中心の星である、アルシオンの周りを26000年周期で回っていた(私たちの太陽系はアルシオンの周りを回っているということは正しくないことが証明されたことに注意)

タイゲタは惑星Erraの太陽で、Billy Meierはそこから来たSemjase & co.とコンタクトした。

プレアデス・グループはヒューマノイド種族のホームである。プレアデス人は地球の人類ととてもよく似ている。地球の人間は主にプレアデス人のDNAを使って作られた。

 

プレアデス人の身体的特徴:

プレアデス人はリラ人の子孫である。地球の遺伝子を混ぜて作られたものもいる。

多くは白人で、地球のようにいろんな種類がある。5フィートから7フィートの身長である。彼らの眼は人類の眼よりも大きく、目の色のトーンも異なる。

多くのブロンド、つまりノルディックタイプ(北欧人タイプ)の宇宙人はプレアデスから来ている(と述べている)。

また多くの著者は、プレアデス人種族はラテンアメリカのインディアン(マヤ人やインカ人)のようにみえると言っている。

プレアデス人は連合の一部であるが、そこから離れていったものもいる。それらは主にアルシオンからで、主にドラコニアン帝国と一緒になった(A. Collinsによる)が、中立を保ったものもいる。

 

ギリシャ神話

ギリシャ神話では、プレアデスは鳩を意味し、アトラスとオケアノス(タイタン族の一人)の娘であるプレーイオネーの7人の娘の名前である。名前は、エレクトラ、マイア、タイゲタ、アルシオン、ケライノ、アステロペ、メローペである。

プレアデスに何が起きたかに関して、いくつか異なった神話がある。そのうち一つは父アトラスの運命を悲しんで彼女たちが自殺したというもの、別の神話は、彼女たちの姉妹であるヒュアデスの運命を悲しんで自殺したというもの、別の神話は女神アルテミスに仕え、オリオンに追われていたというもの。彼女たちは神に助けられ、鳩に変えられた。彼女たちが亡くなった後に、星に変えられた。

 

Exopaedia :: Pleiades