プロキシマ・ケンタウリ、メトン

プロキシマ・ケンタウリ

 

プロキシマ・ケンタウリは、アルファ・ケンタウリ星を構成する3つの星のうちの1つの名前である。 近接の連星であるアルファ・ケンタウリAとB、アルファ・ケンタウリCから構成されている。

 ケンタウルス座アルファCは地球に最も近く、4.24光年の距離にあるため、プロキシマ・ケンタウリと呼ばれている。

ウェンデル・スティーブンスは、ある惑星の住人からコンタクトされた'ムッシュY'のケースに言及している。プロキシマ・ケンタウリの周りを周回している "バァビ"で、1944年から1945年の間で、彼は2ヶ月間 彼らの惑星で暮していた。

 

ジョシュア・ストーンは、ドイツ人のホルスト・フェナーという男性が、UFOに遭遇した話を述べている。それは、1976年にボリビアのアマゾンのジャングルを旅している時に  彼は2人の白人の金髪の男性に声をかけられ、ケンタウリ・プロキシマを周回する惑星から来ていると言っていた、と。

 

Exopaedia :: Proxima Centauri

 

メトン

 

メトンはケンタウルス座α星の3つの太陽のうちの1つ(プロキシマ・ケンタウリ)の周りを回っている惑星の名前だと言われている。南アフリカのエリザベスクラーラー(ダーバン出身)は、50年代初頭にエイコンという存在とテレパシーでコンタクトしたと主張している。エイコンは1956年に彼女を訪れ、1957年に彼女をメトンと呼ばれる自分の惑星に連れて行き、そこで彼女はアイリングと呼ばれる子供を産んだのである。彼女は1980年にその物語を出版した。1994年に死去)。

エイコンは典型的なブロンドと言われている。

 

メトンの住人は、最初は金星に住んでいたが、金星が住めなくなってからメトンに移ってきたと言われている。クラーラーは、彼らを典型的な標準的な地球人ヒューマノイドの表現型と表現している。言い換えれば、彼らは認識されずに我々の間を歩くことができる。

 

Exopaedia :: Meton

 

金星から生まれた人類は地球へ移住したが、太陽の膨張サイクルによる危険から逃れるために、ケンタウルス座メトン星へ移住した(管理人追加)