マルデック(Maldek)

マルデック(Maldek)

 

マルデックとは、神智学書物やRA文書によると、火星と木星の間にあった太陽系の惑星の名前であるが、今は存在しない。 火星と木星の間にある小惑星帯がマルデックの跡である。

 

爆発した惑星の仮説

 

多くの天文学者を含む多くの人々は、小惑星帯は爆発した惑星の残骸で構成されていると考えている。 この説は、現在では「崩壊説」と呼ばれることが多いが、約2世紀前に初めて定式化された。 存在していたであろう惑星の名前は、通常、パエトンと呼ばれている。 この惑星がどのように終わったかについては、さまざまな見解がある。 その中には次のようなものがある。

 

木星に近づきすぎて、ガスジャイアントの強力な重力で引き裂かれた。

・別の大きな天体にぶつかった。

・ネメシスとして知られる太陽の伴星である褐色矮星によって破壊された。

・内輪の大惨事に見舞われ粉砕した。

 

天文学の主流は、小惑星帯が原始惑星の円盤の残骸で構成されている可能性が高いと考えている。

 

破壊

 

マルデックには住んでいた存在がいて、破壊されたという説では、どのようにして起こったのかについては、自然現象によるものと自滅という主に2つの相反する見解がある。

 

自滅説:RAの文書と神智学的書物

 

短い説明では、マルデックにはヒューマノイド型の種族が住んでいた。アペックス惑星と同じように、マルデックは核戦争で破壊された。

 

長い説明では、宇宙で宇宙戦争が起きていた。 戦争から逃げてきたヒューマノイドが約800万年前にマルデックを植民地化した。 彼らは主にシリウス人/ベガ人/リラ人の起源を持つ。 アメリカではビッグフット、アフリカではオゴ、ヒマラヤではイエティと呼ばれているような霊長類のような集団もいた。

約400万年前、太陽系の他の惑星、つまり地球、火星、金星も植民地化され始めた。

 

そして、100万年から70万年前、マルデックで戦争が始まった。 住民の一部はビッグフットを連れて地球、火星、金星に逃げた。 戦争は核破壊で終わり、惑星は吹き飛ばされた。 惑星に残っていた全員が殺された。この大惨事は、事実上、火星が大気圏を失い始めた原因にもなった。

 

約50万年前、マルデックの元住人たちは地球に生まれ変わり、地球に残っていた入植者の子孫と一緒に、レムリアやアトランティスとなる文明をゆっくりと築き上げていった。 そして歴史は繰り返される…

 

 

自然現象説 シッチン

 

シッチンによると、シュメール神話では、火星と木星の間にティアマットと呼ばれるかつての惑星が存在していたことに言及している。 ティアマットが外来の天体であるマルドゥクの衛星(月)と衝突したとき、ティアマットは半分破壊された。 生き残った半分は地球になり、破壊された半分は小惑星帯を形成することになった。 マルドゥクMardukは太陽の周りを回るようになり、"12番目の惑星 "となる。

 

Exopaedia :: Maldek