レムリア

レムリア

消えた大陸、レムリア。時にムーと呼ばれる。

 

1.レムリアは大陸であり、文化的な時代であるが、その時期はアトランティスとオーバーラップしている。地球の太平洋エリアにあり、地球圏外が出所となるものから影響を受けた最初の文化だと考えられている。

レムリアの記録保存者は蛇人間と言われ、シリウス人とリンクしている。レムリアが無くなった時に、南と北アメリカへ逃げた。多くのアメリカン・インディアンは実際にレムリア人の子孫である。

2.Solaraによると、レムリア人はいくつかの地球圏外文明とコンタクトを持っていて、主にシリウスアルクトゥルスであった。彼らは、EL(ミンタカ)とも連絡を取っていた。

SolaraはまたレムリアとティアワナコやANの大陸とのリンクも述べている。

レムリアが海に沈んだとき、住人は逃げた。彼らの文明の名残は以下の場所で見つかる。

イースター島

・ペルー、ボリビア(インカ)

チベット

・オーストラリア、ニュージーランド

3.別の情報によると、以下の住人も訪れていた

・デネブ系(ラー文書より)

・金星:Nors と Ra(the Ra Material and in Dr. Daniel Fry's The White Sands Incidentより)

 

Exopaedia :: Lemuria