グレイ

グレイ

異星人との出会いの物語の中で、ある独特の種族が何度も登場する。灰色の肌をしていて、身長はだいたい4フィートくらい(もっと小さいのやもっと背が高いのもいる)、黒くて大きな目をしていて、鼻も口もほとんどなく、性別も区別がつかない。その灰色の肌から、人々は彼らを 「グレイ 」と呼ぶようになった。

研究によると、これらのグレイの多くはオリオン座か、小熊座のゼータ星から来ているといわれている。小熊座のゼータ星から来たグレイ達は、通常、ゼータ星人と呼ばれている。UFO文献の一部では、誤って「ゼータ」が「グレイ」の同義語として使用されているが、彼らはいくつかの既知のグレイの種の1つに過ぎない。(ゼータについてのさらなる情報はゼータを参照のこと)。

米国政府がグレイと秘密の協定を持っていると信じている人もいる。合意によると、米国政府は、人々が傷つけられないこと、人々が戻ってくること、人々が事件を覚えていないことを条件に、人々が誘拐されるのを許している。その代わり、アメリカ政府は高度に進化した技術を手に入れることができるといわれている。この合意が1954年(2月20日エドワーズAFB)になされたのか、1964年(4月24日または25日、ホロマンAFB)になされたのかは定かではない。

グレイの種類

UFO関連の文献では、通常3種類のグレイを区別している。

タイプA:一般的なグレイ - 身長約4フィート。
タイプB:背の高いグレイ:身長6~9フィート。
タイプC:小さめのグレイ(身長3~3.5フィート程度)。
しかし、さらなる調査の結果、この3つのカテゴリーでは、これまでに出会ったさまざまなタイプを説明するには不十分であることがわかった。5つの主要なタイプからなる類型は次のようになる。

 

トールノーズ・グレイ:身長は6~9フィートで、他のグレイとは異なり、はっきりとした鼻を持っている。エバンと呼ばれることもあり、オリオン座のベテルギウス星系が起源とされている。

トール・グレイ:身長は6~7フィートで、基本的には「スタンダード・グレイ」の背の高いバージョンである。大きな頭と広角の目、切れ長の口を持っています。「スタンダード・グレイ」とは異なり、トール・グレイの一部には生殖器官があると言われているので、実際には2つの異なるタイプが存在する可能性がある。また、鼻のようなもの(小さい)もあるようである。
彼らは、後述する「スタンダード・グレイ」や「ショート・グレイ」と同じ星座から来ていると考えられている。
これらの存在はアブダクションの際によく見られ、アブダクションされた人はこれらの存在を「医者」や「外交官」と呼ぶことが多い。
参考までに、フィル・シュナイダーとビル・クーパーの両氏は、アメリカ政府が協定を結んだのはトール・グレイであり、彼らは現在、「新世界秩序」の発展に貢献していると主張している。

スタンダード・グレイ:最も一般的なタイプ。身長は約4~4.5フィートで、大きな球根状の頭と広角の目、切れ長の口、耳たぶのない小さな耳、そして鼻は見えない。足は短く、関節の形も人間とは異なる。腕の長さは膝下まであることが多い。このグレイには様々な色が見られ、グレー、白、(薄い)青、(薄い)緑、(薄い)オレンジ、茶色など、一般的に淡い色をしている。
手に指があるもの、爪があるもの、水かきがあるものなど、さまざまな特徴が観察されているため、標準的な表現型は1つではないことに注意が必要である。 したがって、物理的な類似性があるにもかかわらず、A型グレイのグループは、実際には、必ずしも関連性のない、銀河系のさまざまな地域で生まれた複数の異なるグレイの種から構成されていると推測してもよいだろう。例えば、ゼータはレチクル座から来ており、ヒューマノイドの血を引いていると考えられているが、他の種族、例えばドラコ座、オリオン座、小熊座から来た種族は、爬虫類型であると考えられている。

ショート・グレイ:このグレイは身長が低く、約3.5フィートである。標準的なグレイよりも背が低いが、はるかに筋肉質な「ボディビルダー」のように見える。彼らは非常に攻撃的だと言われており、一般的にすべてのグレイ種の中で最も危険だと考えられている。アブダクションされた人たちは、彼らがオリオン座のリゲル(J.D.ストーン、V.ヴァレリアンによる)とベラトリックスから来たと言っており、自然界に存在する竜/爬虫類ではないかと疑っている。

ミニ・グレイ:近年、標準的なグレイ(タイプ3)の説明に当てはまるグレイについての報告が出てきているが、大きさは通常の4~4.5倍ではなく、2フィートしかない。

ただし、この分類はまだ実際の状況を簡略化したものである可能性が高い。推定で40種類以上のグレイが存在することも珍しくない。いくつかの資料では、あらゆる種類のヒューマノイドとグレイのハイブリッド種族についても言及されている。(「エササニ」を参照のこと)。

 

 

追加情報

すべての著者が、すべてのグレイが地球外生命体であると確信しているわけではないことに留意すべきである。ジョン・マック、ジャック・ヴァリー、ウィズリー・ストリーバー、グラハム・ハンコックなどは、アブダクションの領域と、シャーマンが訪れる妖精や霊界の領域との類似性を指摘している。彼らは、グレイはパラレル・レルム(並行領域)や異次元の一部であり、常に存在し、我々の現実と相互作用している可能性を示唆している。
また、そのような領域が存在するならば、地球外生命体がそれを利用して地球にやってくる可能性も十分にあるということも指摘しておきたい。これは、世界中のシャーマンが主張していることである。ラテンアメリカのシャーマンやアフリカのサンゴマンは、異界の住人と、その異界を利用して私たちを訪ねてくる異星人とを明確に区別している。

a)グレイがどこから来ているのかを発見しようとしたリモート・ビューアーは、グレイが3つの異なる時代から来ていること、つまり、ほとんどのグレイが未来の異なる時代から来ていることを述べている。
b) グレイはエイリアンではなく、未来の人間または未来のヒューマノイドであると考える著者もいる。
c) いくつかの資料では、「サイボーグ」タイプのグレイについて言及している。つまり、部分的に生物学的(そしておそらくクローン)で、部分的に機械的であるような小さなグレイである。墜落現場では、このようなグレイの遺体が発見されている。

Exopaedia :: Greys