宇宙意識DATA

Exopaediaを中心とした宇宙人情報サイト

アルタイル

アルタイル

 

わし座の中で最も明るい星で地球から約16光年の距離にあり、色は淡い黄色である。

この星は、まだ科学的に解明されていない電波を受信した場所のひとつであり、科学界では非常に注目されている。(この信号は1990年2月17日、ウクライナ天文学者によって初めて受信された)。

 

アルタイルはヒューマノイドの銀河系史の一翼を担っている。その「文明はベガにより植民地化された。アルタイル文明は、平和的で哲学的指向から、静かで瞑想的である。彼らは現在、宇宙探索には関わっていない。」(リサ・ロイヤル&キース・プリースト著『プリズム・オブ・リラ』)

 

しかし、他の資料では、より積極的な役割を担っているとされている。チャック・ロバーツや他のいくつかのUFO関連情報源によると、アルタイル星系(も?)にはドラコニアン帝国の爬虫類の住人がいるとのことである。これは、アルタイル星系と爬虫類人を関連付けている古代の地球の教えと一致している。


ブラントンも、アルタイル星系に「集団主義的なグレイ」が存在することを一貫して確認している。しかし、「ドゥルセ資料」の中で、彼はアルタイル星系の第4惑星「アルテイラ」に混血集団が住んでいることにも触れている。この惑星には「ノルディック」(またはブロンド)の種族が住んでおり、グレイの種族と協力関係にある。彼は、これらはドラコニアン帝国の一部ではないと主張するが、彼らはアブダクションと(北欧人と人間の)交配計画に深く関わっている。


もう一人の情報源である故マイケル・ウルフ博士もまた、アルタイルから来た「人間のように見える」地球外生命体の種族について言及しており、アメリカ政府と連絡を取り合っているようです。彼はアルタイルについても言及しているが、それは「同盟」と呼ばれる組織の一部であり、ノルディックタイプ系金髪の同盟であろうと主張している。この同盟が、ボブ・ルノーが語る、コレンダーがメンバーであるとされる'The United Worlds Alliance'と同じものであるかどうかは、明らかでない。

 

追加情報:アルタイルはエジプトで重要な役割があったに違いない。ギザの3つのピラミッドがオリオン座のベルトの3つの星を表しているように、エスナのピラミッドはアルタイルを表している。

Exopaedia :: Altair

 

以下は日本管理人追加分

アルタイル は、地球から16光年離れたわし座にある淡黄色の星で、現地では「アルコリン」と呼ばれている。アルタイル星系には、主にチャカール帝国のレプタリアン、ヒューマノイド(背の高い金髪、オレンジ色の肌、様々な人種とバリエーション)、グレイなど、様々な意図を持つ種族が混在している。6次元と7次元のアルタイル人は、いかなる種類の征服や意図にも興味を示さないが、アコリイ、第4惑星のヒューマノイド、オリオン・グレイ集団、地球人軍(US-Telos)の間には、いかがわしい協力関係が存在する。アルタイルの船は様々な大きさや形をしている。(地球のエジプトでは、エスナのピラミッドがアルタイルに相当する)

(エレナ・ダナーン著『A Gift from Stars(星からの贈りもの)』)