エラ(タイゲテ、プレアデス)

惑星エラ(タイゲテ、プレアデス)

 

ビリー・マイヤーによると、エラはプレアデス星団の主な星の一つであるタイゲテを回っている惑星の名前である。マイヤーは彼がコンタクトしたセムジャーゼの故郷であると言っている。

Wendelle Stevensは、「プレアデスからのUFOコンタクト」の中で、惑星エラに住んでいるのはリラ人の子孫であり、実際には一番最初に地球に来たが、今でもここで続いている戦争のためにプレアデスへ戻った人たちであると述べている。つまり、エラ人とは、プレアデスへ戻った、リラ人の地球植民地化した人なのである。

Brantonのモハーベ文書によると、「マイヤーによると、プレアデス人は顕著にほとんど全く私たちのように見え、その多くがノルディックの容姿、つまり、ブロンドか少し濃い髪である、と。彼らの人口は5億人少しで、プレアデスのタイゲテ系にある地球の形をした惑星エラに住んでいる。そこには馬や牛やウサギや魚がおり、他にも地球の生命形態が存在すると言われている。

 

Exopaedia :: Erra