エササニ人

エササニ人 ダリル・アンカがチャネリングするバシャールは、エササニ人のメンバーの1人である。 彼らは「700年後の未来のパラレル・リアリティと一致する異なる周波数の現実に存在し、生理学的には人間とオリオン・グレイ(別称ダウ)の遺伝子を組み合わせ…

グレイ

グレイ 異星人との出会いの物語の中で、ある独特の種族が何度も登場する。灰色の肌をしていて、身長はだいたい4フィートくらい(もっと小さいのやもっと背が高いのもいる)、黒くて大きな目をしていて、鼻も口もほとんどなく、性別も区別がつかない。その灰…

グレイの表現型

グレイの表現型 地球外生命体の表現型として最もよく知られているのがグレイであろう。古いUFO文献では3つの主要なタイプに分類されているが、よく調べてみると、実際には5つの主要なタイプがあることがわかる。これらのタイプの間には多くのバリエーション…

シリウス

シリウス 犬星として知られるシリウスは、おおいぬ座の一部である。地球から 8.7 光年の位置にあり、-見えるときは-裸眼で見える最も明るい恒星(惑星とは明らかに違う)である。(リサ・ロイヤル 「プリズム・オブ・リラ」より) 地球の銀河史では、シリウス…

アルクトゥルス人/シリウス人・マトリックス

アルクトゥルス人/シリウス人・マトリックス アルクトゥルス/シリウス人・マトリックスは、リサ・ロイヤルやキース・プリーストの著作に見られる概念である。これは、高次元のヒーラーのネットワークに与えられた名前である。 "アルクトゥルスとシリウスのエ…

レムリア

レムリア 消えた大陸、レムリア。時にムーと呼ばれる。 1.レムリアは大陸であり、文化的な時代であるが、その時期はアトランティスとオーバーラップしている。地球の太平洋エリアにあり、地球圏外が出所となるものから影響を受けた最初の文化だと考えられ…

リゲル

リゲル リゲルはオリオン座で二番目に大きな星で、北半球では狩人の右肩にある。約250.7光年の所にある。 リゲルはもともとヒューマノイド種族「ブロンド人」が住んでいた(マシューやのちにビル・クーパーによると)。しかしながら、オリオン戦争の間に、ド…

マルドゥク(Marduk)

マルドゥク(Marduk) マルドゥクはシュメール、バビロニア、アッシリアの神々の一人の名前である。 エンキの息子であり、アヌの孫である。 バビロニア神話では最終的に最高神となった(アヌ、エンキ、エンリルが退位し、エンリルの息子ニヌルタが敗北した後…

マルデック(Maldek)

マルデック(Maldek) マルデックとは、神智学書物やRA文書によると、火星と木星の間にあった太陽系の惑星の名前であるが、今は存在しない。 火星と木星の間にある小惑星帯がマルデックの跡である。 爆発した惑星の仮説 多くの天文学者を含む多くの人々は、…

ベテルギウス

ベテルギウス ベテルギウスはオリオン座の最も明るい星である。赤い巨人と呼ばれており、地球から約657光年の位置にある。最も大きな星として知られているものの一つであり、木星の軌道と同じくらいの大きさであると言われている。北半球ではベテルギウスは…

ベガ

ベガ 「ベガは琴座のアルファ星(最も明るい)である。琴座の他の星のシステムよりも実際に地球に近い。ベガは、最初の琴座文明の一つで、独特でまとまりのあるアイデンティティを持っており、アルタイルやケンタウルス、シリウス、オリオンを含む、多くの星…

プロキシマ・ケンタウリ、メトン

プロキシマ・ケンタウリ プロキシマ・ケンタウリは、アルファ・ケンタウリ星を構成する3つの星のうちの1つの名前である。 近接の連星であるアルファ・ケンタウリAとB、アルファ・ケンタウリCから構成されている。 ケンタウルス座アルファCは地球に最も近く、…

プレアデス

プレアデス プレアデス・グループは、牡牛座にある散開星団で、地球から400~500光年離れている。星団の中には、250~500の星があるにもかかわらず、9つしか名前がついていない。ほとんどの古代文明はこの7つの星について述べている。中国では、働き者の七人…

ヒュドラ(うみへび座)

ヒュドラ(うみへび座) 天文学ではヒュドラは星座の名前で、天の赤道近くに位置している。蟹座の南から始まり、ほぼ天秤座まで続いている。 ヒュドラ系の住人は、地球を訪れている種族の一つである。JDストーン(プリズム・オブ・リラの引用で)によると、…

ヒューマノイド銀河史

ヒューマノイド銀河史 人類はこの銀河で唯一の知性を持った種族ではないし、私たちは唯一のヒューマノイド(人間型)文明ではない。すぐ近くの銀河の近隣にも、いくつかのヒューマノイドの種族がいる。ほとんどが肉体を持っているが、そうでないものもいる。…

白鳥座(シグナス)とデネブ

白鳥座(シグナス) 白鳥座(シグナス)は北半球にある星座の名前で、デネブがアルファ星である。それは、北十字星として知られている。 Wendelle Stevensによると、シグナス人はアンドロメダ高等評議会の管轄にあるグループの宇宙人種族であるが、ヒューマ…

地球外生命体文明

地球外生命体文明 私たちはこの宇宙で唯一の知性を持った生命体だろうか?この宇宙には数十億の銀河が存在し、それぞれが何百万、何十億もの星のシステム(体系)を持っている(天の川にはおそらく3千億個の恒星があり、アンドロメダ銀河には一兆個の恒星が…

大図書館とグレート・セントラル・サン

大図書館(Great Library Chamber) エーテル体の記録保管室は、グレート・セントラル・サンの中にあり、古代人の古代(the Ancient of Ancients)として知られるすべての情報が含まれている。これらの記録にアクセスするには、その人のハイヤーセルフからの…

ドラコニアン帝国、オリオン帝国

ドラコニアン帝国 ドラコ帝国はトゥバン(アルファ・ドラコニス)から始まり、主に様々なレプタリアンや恐竜のような種族のグループからなるが、ヒューマノイド世界も参加している。あるものは望んで、あるものは無理やりに。最も重要なメンバーはアルファ・…

トゥバン

トゥバン トゥバンは、時にAldibと呼ばれ、竜座のアルファ星であるが、もはや一番明るい星ではない。長い間、北半球の北極星であった。約181.1光年離れている。 トゥバンは、アラビア語でドラゴンやトカゲを意味する。 トゥバンはドラコニアン帝国のホーム・…

タロットの由来(ラー文書)

Qタロットの由来について Aこのシステムの研究と占いは2部分ある。1つ目は、エジプトでthe Law of Oneを教えようとした聖職者の*歪められたやり方から来ており、彼らが受け取った理解に形を与えたものである。これらの形は秘伝を受けた人の学び/教えを整え…

スピカ

スピカ スピカは乙女座のアルファ星で、地球から約262光年離れている。 バーバラ・ハンド・クロウによると、スピカの太陽系には、より高い次元のヒューマノイド種族が住んでおり、身長約3.5メートルで、ずっと前に地球に訪れている。アトランティスの多くの…

スターシード

スターシード Sacred Journey to Atlantis(Dr Norma J Milanovich著)によると、スターシードは「別の惑星や星や宇宙から地球を癒し変容させる手助けをする要請に応じて地球に来ることにした魂である。アセンデッドマスターやギャラクシーコマンドと一緒に…

ゼンドラ

Xendra(ゼンドラ) Xendraはゼンドラと発音するが、 コンタクティであるSixto Paz Wells が彼がコンタクトしている宇宙人が使った一種のスターゲイト、つまり次元間の出入り口の技術の名前だが、ペルーのSixto Paz Wells from PeruはExonewsの中でゼンドラ…

ゼティ

ゼティ アリゾナ州ツーソンのRaphael Chacunがオリオン座の惑星ゼティの宇宙人とのコンタクトしたことにつてWendelle C. Stevensが調査している。 天文学的データ オリオン座の惑星ゼティのケース。これはオリオン座ゼータ星のアルニタクかどうかは定かでな…

ゼータ・レティクル

ゼータ・レティクル ゼータ・レティクルは、レティクル座のゼータ星の名前であり、地球の南半球に見られる。ゼータ・レティクルは、実際は二つの星からできており、いわゆる距離のある連星で、それぞれが惑星をもつくらい距離が離れている。ゼータ・レティク…

サンティニアン(ケンタウルス)

サンティニアン サンティニアンという言葉は、ケンタウルス系に住む(ヒューマノイドの)住人を呼ぶときに使われる。ケンタウルス系は一番近い恒星系である。サンティニアンは、いうなれば、私たちの銀河の隣人で、4.5光年離れたところに住んでいる。彼らは…

カペラ

カペラ カペラ(αAurigae)は、雌ヤギとしてしられ、ぎょしゃ座のもっとも明るい星である。空で5番目に明るい星で、約40.7光年離れている。 歴史を通して、カペラは多くの文明で重要であった。 ・バビロニアで「パトロン星」であった。(カペラは最高神マル…

ケンタウリ(ケンタウルス)

ケンタウリ(ケンタウルス) ケンタウルスは星座の名前である(時々『ケンタウリ』も使われる)。私たちの最も近いお隣にそのホームがある。アルファ・ケンタウリは、最も近い恒星のシステムであり、それゆえに、アルファ・プロキシマ(訳注proximate:最も近…

銀河戦争

銀河戦争 およそ2200万年前、琴座において最初のヒューマノイド種族が近くの銀河の他の系の探索を始めてから、すぐに近くの惑星への移住や植民地化が始まった。彼らが他のヒューマノイド種族に出会うには、それほどの時間はかからなかった。その後、初めて非…