サンティニアン(ケンタウルス)

サンティニアン

 

サンティニアンという言葉は、ケンタウルス系に住む(ヒューマノイドの)住人を呼ぶときに使われる。ケンタウルス系は一番近い恒星系である。サンティニアンは、いうなれば、私たちの銀河の隣人で、4.5光年離れたところに住んでいる。彼らはベガの子孫である。

その名前は、イタリア語のサンティニ、つまり小さな聖人から来ている。

サンティニアンは私たちの隣人の中でスピリチュアル的にも技術的にも最も進化しているものの一つである。シリウス人やプレアデス人、金星人と親しい繋がりがある。彼らはアシュタール司令部のメンバーであり、また惑星連合のメンバーでもある。

サンティニアンの故郷の惑星はMethariaと呼ばれ、ケンタウリAの周りを回っているいくつかの惑星の一つである。

ケンタウルス系は3つの星、ケンタウリAとBとCからなる。ケンタウリAとBは連星である。現時点ではケンタウリCは最も近くにある太陽であるが、一般的に人々はアルファ・ケンタウリ(ケンタウリA)が3つの星の中で最も明るいので、一番近い星として、アルファ・プロキシマという名前で呼んでいる。

 

Exopaedia :: Santinians