リゲル

リゲル

 

リゲルはオリオン座で二番目に大きな星で、北半球では狩人の右肩にある。約250.7光年の所にある。

リゲルはもともとヒューマノイド種族「ブロンド人」が住んでいた(マシューやのちにビル・クーパーによると)。しかしながら、オリオン戦争の間に、ドラコニアン帝国とオリオン帝国に乗っ取られてしまい、主な基地の一つとされてしまった。最近はリゲルはグレイとレプタリアン(またはトカゲ族)によって支配されている。短気で攻撃的なタイプCグレイは、リゲル系に基地を持っていると信じられている。アレックス・コーリアによると、リゲルは今やレプタリアン・システムが優勢であると言っている。これはレプタリアンがグレイを支配しているという話と一致する。

いくつかの情報によると、リゲル人のノルディックタイプは、戦いに負けることが明らかになったときに、彼らの世界から撤退することを決めた。彼らはプロキオンに逃げ、すでにそこに大きなコロニーを確立している。

ビル・クーパーによると、元々のノルディック/ブロンドタイプのリゲル人は地球の人類の作成に関与した種族であると述べている。

ジョージ・アンドリューは、プロキオンの住人とコンタクトしたと言っているが、少し別の話を述べている。それは惑星Apexの話を思い起こさせるものである。それはノルディック・リゲル人の内戦によって、世界のほとんどが破壊してしまった。生き残った者の一部はプロキオンへ逃げ、その他は表面の放射能がひどいために、地下で生活している。残った者たちがグレイへと進化し、別のグレイがそれに加わった。

 

Exopaedia :: Rigel