オリオン聖職者、オリオン評議会

オリオン聖職者

 

オリオン聖職者は、私たちの銀河でとても有名で尊敬されている。その動きは、オリオン戦争の間に反逆者グループの中から始まった(オリオン戦争の項目参照)。彼らの多くの信念や、生活の仕方は、オリオンのマーリンが作った教えを基にしている。彼らは、カルマの法則のような、宇宙のスピリチュアルな法則にフォーカスし、無条件の愛と許しの無限の力にフォーカスしている。

彼らは、光と影の戦いは外的な戦いではなく、その人の中のいろんな部分の戦いであるということを示している。彼らはまた宇宙の性質はそれ自体が、新しいものを創造し続ける一方で、より覚醒するようになり、覚醒のすべてのレベルを探求することを盛んに高めようとする意識エネルギーであると述べている。

広く尊敬されている、オリオン聖職者の指令は、聖職者が到達したパワーと関わるものである。彼らのパワーの限界がどこまでなのか、果たして限界があるのかどうかさえ、わからない。より進化した聖職者のメンバーは、バイロケーションしたり、テレポートしたりすることができる。彼らは物事を思考で変えることができる。それを誰かは「彼らは三次元の現実で五次元的なことができる」と言っている(更なる情報のために密度の項目参照)これもよく知られているが彼らは予言やヴィジョンの才能がある(リモートビューイングの大家)。基本的に彼らは地球にいるアセンデッド・マスターのようである(アセンデッド・マスターの項目参照)。

彼らに有名な別の特徴がある。聖職者が厳しいトレーニングを通して進化し、進歩するにつれて、彼らの眼はどんどん光り輝くブルーになっていく。ある意味、ジェダイのように考えてもいいかもしれないし、ジェダイのようなことができるが、彼らの眼は砂の惑星のフリーメンのようである。

 

Exopaedia :: Orion Priesthood

 

 

オリオン評議会

 

宇宙のこの部分を治める法を取り締まる評議会である。これは、この宇宙の四分円の中では最高支配組織であり、偉大な神の統治者(the Great Divine Director)を除けば、その組織自体には法律がない。この評議会は多くの異なった星系や惑星を取り締まっている。カルマ評議会は地球を治めている評議会であり、アルクトゥルスと、うしかい座を通って地球からの生命体の出入りを管理しているが、オリオン評議会の部局の一つに過ぎない。

 

Exopaedia :: Orion Council